FC2ブログ

プロフィール

タフくん

Author:タフくん
ようこそ!威龍正規代理店タフジャパンのブログへ!!
ここでは威龍情報からナイトライフに関する情報、スタッフの日記等、色々アップしたり、皆さんとお話していきたいと思います。女性スタッフもアップするので、女性の方もどんどん参加して下さいね。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDと煙草

こんにちは、タフジャパンです^^
今日は全国的にあいにくのお天気の日曜日となりました。
僕は今日、家の窓を開けっぱなしで出てきてしまったので、帰って家がどうなっているか心配です。。(きっと窓下がビシャビシャです;)

さて、本日はEDと煙草の関係についてお話したいと思います。

このブログを読んでくださっている皆様は、愛煙家の方でしょうか?
今月から煙草の値上げが実施されましたが、それに伴い禁煙する方も増えているようですね。
ちなみに僕は職業柄説得力がないのですが・・・愛煙家です(苦笑)

しかし、本当に生涯男としてありたいのであれば煙草はやめなくてはなりません。

実は、EDの方の80%以上が喫煙者というデータがあります。
ご存知の方も多いかと思いますが、勃起は血流を下半身に集めて起こるもの、陰茎は血管でできていると言ってもよいくらい複雑な血管網で構築されています。
そして煙草に含まれるニコチンには、その血管を収縮させる強力な作用があり、、、、

煙草を吸う

血管がしぼむ

あそこもしぼむ

という事になります。

また、ED治療薬・精力剤を服用していても、その効果がタバコで落ちる場合もあるようです。
せっかく服用しているのにもったいないですよね。。(←本当説得力がない・・・orz)

その他にも、喫煙は精子形成に異常を起こし先天異常を生んだり、子供の知能低下や精神遅滞(精神薄弱)のリスクを高めます。

煙草とガンについては多くの方がご存知でしょうが、EDと煙草についてはなんとなくは予想がついても、きちんと理解できている方はまだまだ少ないようです。

こうして書き出してみると本当に「百害あって一利なし」ですね。。。

僕もそろそろ禁煙を真剣に考えようと思っており、ちょうど値上げが実施されましたので本日はこのお話をしてみました。

よりタフに!!
より生涯男であり続ける為に!!

今後も少しでも皆様のお役に立てるお話をしていきたいと思います。
それでは本日はこの辺で^^



威龍 超威龍の正規代理店タフジャパン





こんにちは、タフジャパンです。
最近ホームページを一から作り直すか検討していて、
ブログにまで手が回りませんでした・・・orz

さて本日は、現代人に増加傾向のある、ストレス性EDについてお話したいと思います。

EDとは・・・性交時に十分なだけの勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態。「勃起障害(ED:erectile dysfunction)」

まずは下のグラフをご覧下さい。

estress-2.jpg

薄い水色が心因性、つまりストレスによるもの。
濃い水色(緑)が器質性も含むストレス性。
赤色が器質性。
このグラフから分かるように、1200万人と言われる日本人のEDの二人に一人はストレスによるものと考えられています。

ストレス性EDは大きく分けて二つ。
一つは日常のちょっとした事がストレスで、それが原因のED。
職場のトラブルや不安以外にも、パートナーに「ダメな男」などと言われるなどでEDになる事もあります。
こういった現実のストレスやフラン、職場のトラブルなどは、カウンセリングや薬の服用で簡単に治る事もしばしばだと言われます。

もう一つは日常生活ではなく、幼児期の体験や性的トラウマなど、過去の出来事が原因となったEDです。
こちらは深層心因ですから、本人にも見当がつかず、原因の解明が必要で、長期間要し、難しいケースが多いようです。

ストレス性EDは、ただ心の持ちようではなく、脳内物質(セロトニン)の増加が原因と言われています。
セロトニン神経系は、性行動を抑制する事が示唆されています。
このセロトニン系の働きをブロックするために用いられるものとしてヨヒンベなどが注目されています。
これらを使い、【勃起や射精のブレーキ利きにくくする】事により、ストレス性EDの改善が期待できると考えられています。


僕は大丈夫!と思っていても、このストレス社会、誰にでもEDになる可能性はあるんです。
だからと言って、諦めないで頂きたいのが僕の意見であり、僕の仕事なんです。
いつまでも男であってほしい、、、これは皆様自身はもちろん、パートナー様も思う事。
その為に僕達がお手伝いできればと思っております。

次回はそのストレス性EDに対抗できる唯一のED薬、【エストレス】をご紹介したいと思います!!
お楽しみに^^

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。